卵が売ってない!理由と売っている場所を調査

様々な料理に使用したい毎日の生活に欠かせない卵。

しかし、卵を購入しようとスーパーに行っても売り場になく手に入らず、「売ってない!」とお困りの方も多いのではないでしょうか?

食品スーパーでは卵が売ってない状況が続いている店舗もありますよ。

卵が売ってない理由には何が関係しているのか気になりますよね。

そのため、本記事では卵が売ってない理由や売ってる場所についてご紹介しますよ!

この記事でわかること
  • 卵が売ってない理由
  • 卵が売ってないSNSの反応
  • 卵が売ってる場所
目次

卵が売ってない理由

鳥インフルエンザが発生したから

2022年10月以降に、鳥インフルエンザが全国各地で発生。
その影響で卵の供給量が減っていて、供給も安定していないのです。

鳥インフルエンザの感染拡大による鶏卵の供給不足が深刻化している。卵の価格は右肩上がりでスーパーでは売り切れが目立つほか、飲食店のメニューや地方の名産品にも影響が出ている。卵の供給が正常化するのには、半年以上かかるとの見方も出ている。

引用:朝日新聞2023年3月25日

2023年の3月下旬ごろに北海道千歳市の養鶏場にて、高病原性鳥インフルエンザが確認されたとのこと。

千歳市は北海道で最も卵の生産量が多い地域。
そのため、卵の仕入れ状況にも大きな影響を与えています。

特に、札幌市や苫小牧市では品薄状況がひどく続いているそうです。

鶏が育ち、卵が生産できるようになるには1年程かかると言われています。
そのため、卵不足が回復し、安定的に供給されるようになるのも1年程かかると予想されていますよ。

さらに、ウクライナ情勢により鶏のエサ代の価格が上昇し、卵の価格も上がっています。

卵は全国的に品薄の状態が続いていて、値段も1.5倍の価格で売られていることもあります。
価格が上がっていて買いづらい状況が続いていますよね。。

飲食店では卵を使用したメニューの販売を休止したり、使用量を減らしたりしているとのこと。

北海道では卵が手に入らないことが多いですが、全国のスーパーでは卵が売っていても、「値段が高くて買えない」ことも多い状況ですよね。

卵が売ってないSNSの反応は?

SNSでは「卵が売ってない」、「卵が高い」という声が挙がっていましたよ。

https://twitter.com/BLonly2/status/1724394271539872143?s=20

卵は色々な料理に使われていますし、卵不足は卵を使用した食品の価格も高騰し、生活与える影響が大きいですよね。。

卵が売ってる場所

卵はスーパーやコンビニ、ドラックストアやコストコなどで購入できます。

しかし、卵が売っていないという地域の場合は通販サイトからも買えますよ。

割高で送料がかかってしまいますが、通販サイトからの購入もおすすめしますよ!

販売店価格
アマゾン988円/20個
アマゾン2,700円/30個
アマゾン2,480円/40個
2023.11月の情報です

まとめ:卵不足の回復には1年程かかる!

これまで、卵が売ってない理由やSNSの反応、売ってる場所についてご紹介してきました。

卵が売ってない理由には鳥インフルエンザの流行が影響しており、卵の値上げはウクライナ情勢によるエサ代の上昇が関係していましたね。

卵が売ってる場所はスーパーやコンビニ、ドラックストアやコストコ、通販サイトになります。

スーパーなどで卵が売ってない場合は通販サイトからの購入もおすすめですよ!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次